ハウスメーカーの決め手、抑えておくべきポイント3つ

 

家づくりのポイント

 

ハウスメーカーを選ぶ決め手を見つけるために、あらかじめ抑えておくべきポイントをまとめました

 

Sponsored Link

 

新築をする目的を確認する

 

「なぜ、今、新築を考えているのか」

 

「いつまでに建てたいのか」

 

「あなたや家族がどのような事を新築によって実現したいのか」

 

を明確にしておくと選ぶ基準が定まって決め手が見つかります。

 

例えば、「子供が小学校に入学するまでにしっかり住居を決めておきたい」

 

「新築後は、家族が集える大きな日当たりの良いリビングが欲しい」

 

「家族それぞれが、ゆっくり落ち着くことができる個人的空間が欲しい」などです。

 

 

ハウスメーカーに求めることを決めておく

 

家づくりは、やらなければならないことも多く、楽しくもありますが疲れます。

 

中途半ばで、息切れしないよう、ハウスメーカーに求めることを決めておくことが大事です。

 

例えば、「快適な間取りを作ってもらう」「きれいな空気環境を確保したい」「工期を出来る限り短く」

 

「建築費用を抑えたい」「一年を通して快適な温度環境を得たい」「光熱費を抑えたい」など。

 

ポイントを絞って無駄なことは極力しないように基準を設定しておきましょう。

 

Sponsored Link

 

どのような構造、工法にするのか決めておく

 

ハウスメーカーには様々な工法があります。

 

また、鉄骨コンクリート造りや木造、鉄骨の種別もありますので、ご自身がどのような構造にするのか決めておく必要があります。

 

例えば、早期の入居を考えたいならユニット工法が最適ですし、間取りに自由性を持たせたいなら木造や軸組工法が有利です。

 

3階以上の建物にしたり、耐震性を重視したいなら鉄骨造りが良いですし、防音性を高めるなら鉄骨コンクリート造りが最適など、それぞれのライフスタイルによって、工法に有利不利があるのです。

 

快適性を決め手とするハウスメーカーなら

 

TOPへ