子育てが楽しくなるハウスメーカー

 

子育てしやすいハウスメーカー

 

子どもの成長には住宅環境がとても大事だと言われています。

 

例えば、工夫された間取りは、家族とのコミュニケーションや、時間の共有を充実させます。

 

親が見守りやすく、子どもが自由に遊べる空間や階段下を利用した勉強スペース。

 

また、子供が遊びや勉強に熱中しつつ、家族の気配を感じられるリビングにつながるスキップラウンジなどをプランに取り入れれば、子供も大人も充実した、ゆとりある楽しい、ひとときを過ごせそう。

 

子育ての合間の家事も動線の工夫や部屋の使い方で、パパ、ママも楽になり、子供の成長にとっても、片付けやお手伝いがしやすい環境をつくれます。

 

大手ハウスメーカー12社の中で、子育てが楽しくなるメーカーを決め手とするなら

 

ミサワホーム

 

三井ホーム

 

積水ハウス

 

がオススメです。

 

Sponsored Link

 

ミサワホーム

 

ミサワホームには、ミサワホーム総合研究所という研究機関があり、子ども目線で感性や知性を育む提案を住宅に反映させています。

 

また、幼稚園とのワークショップで得た声も随所に盛り込んで、「子育てを一緒に楽しみたい」というイマドキの若いパパ・ママのニーズも盛り込んでいるそう。

 

例えば、「外から帰ったら、手洗いうがい⇒トイレ」という社会的ルールを子供自身が自然な動線の中で学べるような間取り。

 

トイレやサニタリールームをお風呂やバルコニーに近づけることで、子供のトイレトレーニングを容易にしたり、ママの洗濯の手間もグッと楽にする。

 

また、LDKにマルチスペースを隣接させることで、赤ちゃん時期は「オムツ換え」「ねんね」スペース、幼児期は「遊び場」、小中学生は「ちょっとした勉強スペース」、子供が成人したあとはゲストルームに使用できたりと、将来の家族変化にも柔軟に対応させます。

 

その他、ドアの引手やスイッチ高さの工夫など、自発性をうながし子供が過ごしやすい空間を追求した住宅は、「子育ては苦痛、面倒」というイメージを取り除き、「子育てが楽しくなる住まいづくりを目指す」という強い思いが反映されています。

 

子供目線で考えられた間取り「100のキッズデザイン」には、楽しく子育てができる提案がいっぱい。

 

子育ての大変さを和らげ、子供が伸びやかに成長できる自然な間取りの工夫が光ります。

 

三井ホーム

 

ベネッセ教育開発センターの調査に基づいて住宅商品を開発している三井ホーム。

 

日常生活・遊び・教育などを子ども目線から捉えた住宅が印象的です。

 

まず、家族とのコミュニケーションの工夫。

 

家族が集える共有スペースを作って、趣味を楽しんだり、テレビを見たり、本を読んだりと家族がそれぞれのことをしている中でも、互いの気配を感じさせ、自然とコミュニケーションが広がる仕掛けを随所に盛り込む。

 

子供も見守られている安心感があり、パパママも家事や趣味をしながらも、気持ちの通いあうスペースが魅力です。

 

家族共有スペースを三井ホームは「ファミリーコモン」と呼んでいますが、その中に料理・食事・くつろぎ・遊び・学びの空間を集約することで、自然と子供の成長を育んでいく中で、毎日が充実し楽しくなる提案が盛り込まれています。

 

その他、三井ホームならではのデザイン設計力を活かして、階段部分に造り付け本棚やベンチの設置をし、家族の共有時間を生み出す工夫、室内窓を設けて部屋どうし、上下階間でも気軽にコミュニケーションが弾む工夫などはさすがです。

 

また、ファミリーコモンに外とつながる大開口部をつくると「自然ともつながる家」にも。

 

中庭も設けることで子供たちも安心して土や植物とふれあう、家族のホームパーティや憩いの場としても使える。

 

そんな子どもを中心とした贅沢な空間づくりができるのは三井ホームの設計力の賜物です。

 

Sponsored Link

積水ハウス

 

子供の安全安心の向上と健やかな成長の発達デザインを施した優秀なものに贈られる「キッズデザイン賞」

 

積水ハウスは、その賞の創設以来10年連続で受賞し続けているハウスメーカーです。

 

育児のしやすさと、家事の負担を軽減するといった「パパ、ママ目線」での子育てに加えて、子供の生きる力や自ら成長する力を促す自発性を育てる仕掛けがいっぱい。

 

積水ハウスは「子育て」とは別に、子供が自ら成長しようとする「子育ち」という考え方の視点から、「家族のつながり」「知をはぐくむ」「家事を楽しむ」「健やかに育てる」という4つのテーマを掲げています。

 

「家族のつながり」は、家族と時間を共有しコミュニケーションが容易に行える空間づくり。

 

例えば、「ピットリビング」と言われるものは、床を一段低くすることで、心理的な落ち着きの効果が得られ、家族団らんのくつろぎの場を生んでいます。

 

また、「ステージリビング」といわれるものは、床の高さを変えることで、一緒の部屋内でも、独立した空間を作り出し、子供が自由に過ごしながらも家族それぞれがお互いの気配を感じることが出来るスペースとなります。

 

「知をはぐくむ」は、家族みんなが集えるリビングやダイニングで子供が集中して勉強ができる専用スペースを設けることや、子供の成長にあわせた子供部屋の間仕切りを簡単に変更できる工夫を提供。

 

例えば、「ファミリーステーション」は、ダイニングの中心部や一角を子供の学び場の専用スペースとして設け、家族の気配を感じながら安心して勉強に集中できることや、同じダイニングテーブルではなく、食事と勉強場所を分けることで食育にもつなげようという試みです。

 

また、子供部屋の間仕切り変更には、可動間仕切収納「ヴァリエス」を使用し、必要に応じて部屋のレイアウトを簡単に変更できます。

 

幼少期はオープンスペースとして使い、プライバシーが気になる年頃になれば、独立した個室に変更という使い方もできて間取りをムダにしません。

 

「家事を楽しむ」は暮らしを通じて子供に日常を学んでもらう機会や親の家事や育児の負担を軽減し、楽しく過ごす空間設計を提供しています。

 

例えば「衣家事(いかじ)コーナー」は、洗濯スペースと物干しスペースの間に設けるコーナー。

 

親子で楽しみながら洗濯物の取り込みやアイロンがけ、洗濯物干しなどが、スムーズに行える空間です。

 

また、リビングに大容量の収納をつくり、遊び場の近くに子供の使いやすい専用収納を確保することで、おもちゃなど、自発的な、お片付けの習慣を楽しく身につけることができます。

 

「健やかに育てる」というテーマでは、ユニバーサルデザインを随所に取り入れることで、子供が宅内でケガなどの大きな事故を起こさないように安全な配慮をするもの。

 

宅内での日常を過ごすうえで、子供が自ら危険を察知する能力、自らを守る力を育み、宅内で伸び伸びと安全に自発活動を楽しむ工夫がされています。

 

例えば、浴室の床にはエンボス加工をした滑りにくい床を使用したり、収納折れ戸には指挟み防止の配慮がされている。

 

また、階段の角にはクッション性のある保護材を使用したり、建具やコーナー部分など角ばった部分はR型処理をし丸みを持たせてケガを防ぐ。

 

こういった、親にとっても子供にとっても安心安全な工夫がされていれば、宅内で自由に自発活動が楽しめるというものです。

 

 

 

鉄骨軸組工法で選ぶ〜バランスの取れた性能〜

 

 

大手ハウスメーカーで予算内に費用を抑えて、大満足のマイホームをGETする方法!


ハウスメーカー選びをするときに、どこのモデルハウスも素敵で迷ってしまいますよね。

でも、何社も訪問して営業マンの話を聞くってとても疲れるし、結局、色んなハウスメーカーを回ればまわるほど、どこが良いのかわからなくなってしまうんです。

また、家づくりの最初の試練は、候補となる各ハウスメーカーの「間取りプラン」と「見積もり集め」

1社回っては、営業マンのセールストークを聞き、ようやく間取りプランと見積もりをもらっては、それを何度も繰り返す。。。

時間がある人なら、それでも良いかもしれませんが、仕事や日常生活に追われている中では、なかなか むずかしいものですよね。

そんな状況に、私もとても悩みましたが、私と同じ思いを持っておられる、あなたに朗報です。

次の簡単な手順をふむだけで、ムダな労力と時間をカットできて、驚くほど家づくりがスムーズに進んでいくんです!

また、意外と知られていませんが、この誰でもできる方法で、大手ハウスメーカーでも建築費用をお安く抑えることが出来ます。

もちろんこの手順では、お金は一切かからないのも安心!

私もこの方法で、当初、あきらめていた大手ハウスメーカーでマイホームをGETし、家族ともども大満足な生活を送っていますよ^^

興味のある人は、私が家づくりで成功した方法や体験談を下記にのせていますので、見てくださいね。

⇒家づくりをするなら使わなきゃ損!無料でガンガン使える方法

あなたの良い家づくりを応援しています!
TOPへ