快適性を決め手とするハウスメーカーなら

 

快適なハウスメーカー

 

快適性を決め手とするなら木造住宅で全館空調を扱っているハウスメーカーが一番です。

 

全館空調は、宅内のどこにいても温度を安定させられる強みを持っています。

 

夏は涼しく冬は暖かいという一年中を通して快適な室温の中で過ごせるのですから、これ以上の快適性はないでしょう。

 

さらに、木造住宅は鉄骨住宅に比べて断熱性が高いということが特徴で、冬場の底冷え対策など快適空間を作りやすいのです。

 

また、木造住宅は鉄骨住宅にはない2×4(ツーバイフォー)、2×6(ツーバイシックス)といった工法が扱えます。

 

この工法は、住宅に隙間をつくりにくくするもので、全館空調と非常に相性がよいというのも特徴です。

 

住宅には必ず隙間があるものですが、その隙間が極力小さいという気密性の高いハウスメーカーを選択すると、室内に温度のムラができにくく、より快適なハウスメーカーであるといえます。

 

大手ハウスメーカー12社の中で、快適性の高いメーカーを決め手とするなら

 

ツーユーホーム

 

三井ホーム

 

住友林業

 

がオススメです。

 

Sponsored Link

 

ツーユーホーム

 

セキスイハイムの木造部門で2×4工法や2×6工法を扱っており気密性、断熱性は抜群。

 

全館空調としての役割を果たす空気工房は、宅内の温度を一括管理ができるシステム。

 

熱交換器も備えているので、安定した快適空間を提供してくれます。

 

完成後、一邸ごとに気密測定を行っていることもポイントが高いです。

 

三井ホーム

 

早くから全館空調を取り入れ、実績、経験ともにピカイチの木造ハウスメーカー。

 

2×4工法を採用し、断熱材は防音性の高いロックウールをメインに使用しています。

 

全館空調「スマートブリーズ」は冷暖房、除湿、加湿、換気、空気清浄、熱交換機能を合わせ持ったもので、通年、安定した快適性を与えてくれます。

 

Sponsored Link

 

住友林業

 

全館空調は後発組に当たりますが、外張り断熱工法との併用でさらに宅内の温度のムラを少なくしています。

 

より宅内の温度を安定させて快適空間を求めるなら外断熱+内断熱の併用を希望されても良いでしょう。

 

全館空調を取り入れることが出来るのは、住友林業の3つの工法の内、2×4工法を選択した時のみです。

 

住友林業の中でも2×4工法を取り入れる方は比較的少数だと言われていますが、快適性を求めるなら全館空調がオススメです。

 

 

 

ハウスメーカーは、やっぱりブランド力!

大手ハウスメーカーで予算内に費用を抑えて、大満足のマイホームをGETする方法!


ハウスメーカー選びをするときに、どこのモデルハウスも素敵で迷ってしまいますよね。

でも、何社も訪問して営業マンの話を聞くってとても疲れるし、結局、色んなハウスメーカーを回ればまわるほど、どこが良いのかわからなくなってしまうんです。

また、家づくりの最初の試練は、候補となる各ハウスメーカーの「間取りプラン」と「見積もり集め」

1社回っては、営業マンのセールストークを聞き、ようやく間取りプランと見積もりをもらっては、それを何度も繰り返す。。。

時間がある人なら、それでも良いかもしれませんが、仕事や日常生活に追われている中では、なかなか むずかしいものですよね。

そんな状況に、私もとても悩みましたが、私と同じ思いを持っておられる、あなたに朗報です。

次の簡単な手順をふむだけで、ムダな労力と時間をカットできて、驚くほど家づくりがスムーズに進んでいくんです!

また、意外と知られていませんが、この誰でもできる方法で、大手ハウスメーカーでも建築費用をお安く抑えることが出来ます。

もちろんこの手順では、お金は一切かからないのも安心!

私もこの方法で、当初、あきらめていた大手ハウスメーカーでマイホームをGETし、家族ともども大満足な生活を送っていますよ^^

興味のある人は、私が家づくりで成功した方法や体験談を下記にのせていますので、見てくださいね。

⇒家づくりをするなら使わなきゃ損!無料でガンガン使える方法

あなたの良い家づくりを応援しています!
TOPへ