理系の人が選ぶハウスメーカー

 

理系が選ぶハウスメーカー

 

理系の人が選ぶハウスメーカー。

 

それは、「構造の仕組みが理にかなっていること」

 

理論上、耐久性に優れた納得のいく構造や仕様を合わせ持っているメーカーであると言えます。

 

ここでは、理系の人が選ぶことが多いと言われるハウスメーカーを紹介します。

 

理系の人がよく選ぶといわれるハウスメーカーは

 

ヘーベルハウス

 

です。

 

Sponsored Link

 

下記に理系の方々に好まれるポイントを記します。

 

理系が選ぶポイント(制振装置)

 

ヘーベルハウスの構造は軽量鉄骨と重量鉄骨がありますが、ここでは、2階戸建住宅の代表的な軽量鉄骨構造を取り上げます。

 

まず、理系の人が真っ先に興味を持つといわれる「制震フレーム」。

 

木造住宅で言う「筋交い部分」をすべて「制震フレーム」にしたものですが、これにより地震エネルギーを大幅に吸収できる仕様です。

 

制振フレームの中央に、「制振デバイス」(簡単に言うと柔軟性のある鉄)を組み込むことで、地震力のクッションとして働きます。

 

この制振装置を工業化住宅で初めて標準仕様としたのは画期的で、理系の人々の心を掴んだのではと想像できます。

 

制震デバイスは、大掛かりな「免震装置」と比べて安価で、敷地制限という問題が発生しないということも重要なポイントです。

 

 

理系が選ぶポイント(ロングライフ)

 

ヘーベルハウスは早くから「ロングライフ住宅」を宣言し、計画的に60年の長期にわたり、補修やメンテナンスを行う仕組みを積極的に構築してきました。

 

構造競争が盛んだった当時も、ヘーベルハウスは、「いくら耐久性など構造が頑強でも、維持管理、補修、点検がおろそかであれば、安心が約束された構造は成り立たない」という考えのもと、家づくりを進めてきました。

 

早期に、アフターメンテナンスの重要性に気づき、計画的なロングライフプログラムを整えたという点で、理系の人達に衝撃を与えたことでしょう。

 

Sponsored Link
理系が選ぶポイント(ALCコンクリート)

 

一般戸建住宅なのに、コンクリートで囲まれた仕様に衝撃を感じさせられるヘーベルハウス。

 

「通称へーベル板」といわれるALCコンクリートは、高温、高圧の窯で焼きしめられ、軽量、高強度、高耐久性をもった多くの性能を併せ持つものです。

 

このような高い性能を持つ、ヘーベル板を全ての床、外壁、屋根に使用されているものですから、耐火性、防音性も抜群。基礎を見ても、太い鉄筋を使用した連続布基礎には目を引きます。

 

何と基礎は3階建のビル仕様というから理系の人々の心を揺さぶるのも納得がいくようです。

 

高強度な構造が求められる高層ビル、いざという時の避難所にも使用される公共施設などでも、広くALCコンクリートが使用されている事例をみると、頑強な構造をつくるのに欠かせないものだと感じさせられます。

 

 

 

子育てが楽しくなるハウスメーカー

 

大手ハウスメーカーで予算内に費用を抑えて、大満足のマイホームをGETする方法!


ハウスメーカー選びをするときに、どこのモデルハウスも素敵で迷ってしまいますよね。

でも、何社も訪問して営業マンの話を聞くってとても疲れるし、結局、色んなハウスメーカーを回ればまわるほど、どこが良いのかわからなくなってしまうんです。

また、家づくりの最初の試練は、候補となる各ハウスメーカーの「間取りプラン」と「見積もり集め」

1社回っては、営業マンのセールストークを聞き、ようやく間取りプランと見積もりをもらっては、それを何度も繰り返す。。。

時間がある人なら、それでも良いかもしれませんが、仕事や日常生活に追われている中では、なかなか むずかしいものですよね。

そんな状況に、私もとても悩みましたが、私と同じ思いを持っておられる、あなたに朗報です。

次の簡単な手順をふむだけで、ムダな労力と時間をカットできて、驚くほど家づくりがスムーズに進んでいくんです!

また、意外と知られていませんが、この誰でもできる方法で、大手ハウスメーカーでも建築費用をお安く抑えることが出来ます。

もちろんこの手順では、お金は一切かからないのも安心!

私もこの方法で、当初、あきらめていた大手ハウスメーカーでマイホームをGETし、家族ともども大満足な生活を送っていますよ^^

興味のある人は、私が家づくりで成功した方法や体験談を下記にのせていますので、見てくださいね。

⇒家づくりをするなら使わなきゃ損!無料でガンガン使える方法

あなたの良い家づくりを応援しています!
TOPへ